気になる話題news

日本企業伝統のブラック社畜研修『4時間で24kmを歩け、一人でも脱落すれば全員リストラな』

   

日本企業伝統のブラック社畜研修『4時間で24kmを歩け、一人でも脱落すれば全員リストラな』

0000000055-640x413 (1)

0 :ハムスター速報 2016年5月16日 16:50 ID:hamusoku
「過酷研修で障害」サニックス提訴

 過酷な新入社員研修で障害が残ったとして、太陽光発電設備施工などを手掛ける「サニックス」(福岡市、宗政伸一社長)を相手取り、元社員の男性(50)=広島県福山市=が約2200万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁福山支部に起こした。24キロを歩かせ、集団の一人でも脱落すれば連帯責任を問われるなどの内容。福山支部での弁論で男性側は「無理なプログラムを強制し、安全配慮義務を怠った」と主張し、会社側は「無理な要求はしていない」と争う構えをみせている。

 提訴は1月28日付。訴状などによると、男性は2013年8月に入社し、福岡県宗像市の同社研修センターで約10日間の新人研修に参加した。研修は営業などに関する座学のほか、10人ごとの班が一定速度で長距離を歩く「歩行訓練」が繰り返された。終盤には「サニックススピリッツ」と銘打たれ、24キロを4時間で歩く訓練が課された。

 男性は2回の歩行訓練で両脚を痛めていたが、会社側から「一人でも脱落すれば班全体が失格」「クリアできない人間はうちに要らない」などと言われ、同僚に迷惑を掛けることや解雇を恐れて訓練を続けた。24キロを完歩したが、症状が悪化。両膝関節挫傷などと診断され、関節可動域が狭まる障害が残ったとしている。男性は障害のため休職し、14年に退社した。

 当時48歳で体重が100キロ近くあり、男性側は「無理な運動をさせれば負傷する可能性が高いことを十分認識していたにもかかわらず、(会社は)無理なプログラムを組んだ」と指摘。研修に医療職を配置せず、男性が訓練の中断を訴えても認められず、安全配慮義務を怠ったと主張している。

http://mainichi.jp/articles/20160516/k00/00e/040/119000c

1 :ハムスター名無し2016年05月16日 16:52 ID:CMm4ukA70
もうね、こういう会社は問答無用で潰す、あるいは社長死刑で。
だがデブはちょっと痩せようや・・・

2 :ハムスター名無し2016年05月16日 16:52 ID:hGPVuZ900
さすがに黒(草)

3 :ハムスター名無し2016年05月16日 16:52 ID:mcEhkQue0
修羅の国は大変だなぁ

続きを読む

 - Uncategorized

×