気になる話題news

共産党が日本各地で帰宅途中の小学生に「親が死ぬ」「爆弾落ちる」と脅迫して安保法案反対署名させる…帰宅後に恐怖で泣く児童も

   

共産党が日本各地で帰宅途中の小学生に「親が死ぬ」「爆弾落ちる」と脅迫して安保法案反対署名させる…帰宅後に恐怖で泣く児童も

603b943a

0 :ハムスター2ちゃんねる 2016年06月10日 08:44 ID:hamusoku
「親が死ぬ」「爆弾落ちる」 共産党運動員が小学生に安保法反対署名要求

 東京都足立区で昨年6月、路上で署名活動をしていた共産党の運動員が帰宅途中だった複数の児童に、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を求めていたことが9日、分かった。
同区の共産区議団側は「行き過ぎだった」と非を認め、保護者に謝罪した。

学童保育から別々のグループに分かれて帰宅途中だった区立小学校の児童計約10人に、地元商店街の路上で安保関連法案の反対署名活動を行っていた運動員が相次いで声を掛け、署名を求めた。

 児童は主に1、2年生で、署名に応じた児童もいたが、「(戦争になれば)お父さんやお母さんが死ぬ」と言われ、帰宅後に恐怖で泣いていた児童もいたという。保護者から相談を受けた学校側は教員を現場に向かわせ、駆けつけた保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪し、署名活動を取りやめた。

小学生に署名を求めるケースは各地で起きている。

 福岡県水巻町教育委員会によると、共産党の女性町議が昨年6月4日と11日夕、町立小学校近くで帰宅途中の児童に署名を求め、5、6年の女子児童計5人が応じた。個人情報の流出を懸念した保護者が学校に連絡し、学校から同町教委に報告があった。町議は保護者に謝罪したという。同町教委は「校外なので法に触れないが、内容などをしっかり判断できない児童に署名させたことは教育的配慮に欠ける」としている。

http://www.sankei.com/life/news/160610/lif1606100001-n1.html

1 :ハムスター名無し2016年06月10日 08:46 ID:VAzayPpw0
本当に左翼のやり方って卑劣

2 :ハムスター名無し2016年06月10日 08:46 ID:D91q3zn10
お前が死ね。

3 :名無しのハムスター2016年06月10日 08:46 ID:X2b.zPw20
なにかしらの犯罪にならないのこれ?

続きを読む

 - Uncategorized

×